2019.06.04

結婚式の種類と特徴をざっくり調べてみた

これっぽっちも結婚の予定もないわけだけど、私を置いて周りは続々と結婚という新天地に向かうわけ。
それはそれはおめでたくて幸せなことだ。

それでもってさ。
「結婚式とかさー緊張するよなぁ」
とか
「お金ないけど式は挙げてやりたいと思うよなぁ」
とかさ、思い思いの惚気かって気持ちを口にするわけ。

でもさ。
しらんがな!って言いたいわけよ。

挙式どころか相手も居ない私にそんな未知の世界の話をされても返事に困る。
スターウォーズ見てないのにフォースの話されてもシュコォォォーとしか言えないでしょってね。

とは言え、いずれは自分もそこに赴くって思うと多少なりともその辺の知識は持ち合わせてても良いかもとは思う。
って事で言葉は知ってるけど、内容を知らない「教会式」「人前式」「神前式」「仏前式」の4種類について簡単に調べてみた。



教会式

最も人気が高い教会式(別名:キリスト教式)。
チャペルで行われて、衣装はウェディングドレスとタキシードで、バージンロードを歩くなどザ・結婚式って感じの式。
招待客も親族から友人までと幅広い層を呼ぶのも特徴的。

友人の結婚式は数回参加したけど、もれなく全員これだったなー。

神前式

神社で行われる式。
主には新郎新婦の家族間の絆を深める為のものらしく、昔は親族のみで行っていたそうな。
今は神社次第らしいが、友人を呼べたりと寛容にはなりつつあるらしい。
衣装としては白無垢や五つ紋付羽織袴って言う和装を基本としてるけど、場所によっては融通が利くとか利かないとか。

人前式

教会式や神前式なら神様に結婚や愛を誓うわけだけど、人前式は足を運んでくださった参加者の方に対して誓う。
一般的に言われる人前式の特徴が自由度の高さ。
宗教の制約がなくて式を行う場所や呼べる人、式中に行う演出や順番に縛りがない。

内容が自由なので印象的な式にしたいなら人前式になるんだろう。
演出次第だけど費用を抑えやすいのも人前式の強みっぽい。

あとは新郎新婦の宗教上の理由で揉めてしまう場合も人前式になりそう。

仏前式

基本的に寺院で行われる式で自宅だったりもする。
衣装や参列者としては神前式と同じで白無垢や五つ紋付羽織袴と言った和装が正装で親族のみが基本となる。
神前式との違いは、式中の内容はもちろんだけど、意味合いが違う。

神前式が神様に対して誓いを立てるのにたいして、仏前式は仏様やご先祖様に感謝して誓うって事らしい。

まとめ

メジャーなところで言うと最初の3つが多いらしい。
結局のところ4種類あるけど愛を何に誓うかの違いなんだねー。

ちなみに私は和装があまり好みではないので教会式がいいけど、呼べる友人があまりに少ないので神前式とかが良いのかなって・・・とんでもない葛藤。