2019.04.03

桜は全てクローン?春らしい豆知識

今年も既に4月だと言うのに寒い日が続いて何だか変な感じがする。
この時期になるとお花見だとか少し早めのBBQとかって話をする人が多いと思うけど、私は花粉症が酷いので基本的にはインドアを貫いていくスタイル。

ただ季節的な話をする事もあるだろうから、ここは春らしく「桜」について会話が出来るように調べてみた。



桜は全てクローンなの?

結論から言うと桜の全てがクローンと言う事では無く、ソメイヨシノ(桜の品種)が全てクローンなのだそうだ。
“ソメイヨシノ(染井吉野)”は日本で一般的に目にすることが多い品種なのだけど、そのソメイヨシノが実は品種改良で作られた桜で自家受粉を行う事が出来な品種なのだ。

とどのつまりソメイヨシノは自身の力だけでは仲間を増やすことが出来ない。
これはつまり日本中のソメイヨシノは1本のソメイヨシノから作られたクローンと言う事らしい。

なのでよく目にする桜は”接ぎ木(つぎき)”と呼ばれる方法で増えて行った桜で、元をたどせば全ての同じ遺伝子をもった1本の桜だったのだ!

吃驚仰天だし、何だか名前もクローンって言われ方も少し儚げだなって思った。
ちなみに本当か定かではないけど、オリジナルは東京上野にあるとの噂。

桜の開花が大体同じ時期になるのも同じ遺伝子を持っているからと言う理由。

ソメイヨシノの親

ソメイヨシノは品種改良で作られた桜って事で親はどなたなのか調べてみた。
・エドヒガン
・オオシマザクラ
と言う2種類らしい。

良く似てらっしゃいます。

ソメイヨシノの由来

何だか切なげな響きのソメイヨシノ。
この名前は染井村(東京の豊島区)にある花屋さんが吉野と言う名前で売り出していたのが由来らしい。

でも吉野山に咲いていた桜とは全くの別物で、ややこしくなると言う理由でカタカナ表記のソメイヨシノになったそうな。

カタカナの方が綺麗だなって思う。

ソメイヨシノの寿命は60年?

これも調べているとよく見かけるワードだった。
本当だったり嘘だったりと色んな記事を見たけど、要するに大よそ60年程度が一つの伐採する時期の目安と言う事らしい。

その理由として
・50~60年程で腐食が始まり内部に空間が出来て自分を支えきれなくなる
・枝が折れる、ゴミを捨てて行くなど環境が悪いと腐食の時期が前後する

と言った感じで環境次第では100年以上も綺麗に咲き続ける桜もたくさんあるようだ。
桜を見に来た人に限らず何をするにも最低限のマナーは守って欲しいなって思う。